鋼たろうくん

独立行政法人 北海道立総合研究機構建築研究本部
北方建築総合研究所

断熱性と耐久性を実現した
新しい外断熱工法。

  • 不燃材である繊維系断熱材と、通気層の機能を併せ持つ折板形状の鋼板外装材を、躯体の外側から施工する新しい外断熱システムです。

アイボリーグレー(L624)

  • ブラウングレー(L706)

  • グリーングレー(L393)

  • アイボリーグレー(L624)

  • ダークグレー(Q552)

  • シルバー(S81A)

特長

施工性

あらゆる構法(RC、S、木)に適応する外断熱工法で、断熱化が難しかったS造にも対応。特殊な施工技術を必要とせず、様々な地域・地方においても施工可能なように配慮しています。

快適性

断熱材、スペーサー、鋼板外装材が独立構成されているため、断熱材の種類や厚みが自由に設定でき、要求される断熱性能に対応することが可能です。住宅をはじめ事務所や工場、倉庫などの室内環境を快適にします。

高機能性

折板形状の通気層機能が壁内の乾燥を促進し、繊維系断熱材の性能を有効に発揮。高い曲げ強度により下地の間隔を広げることができるため、コストダウンに貢献します(標準スパン:繊維系断熱材基本サイズ1,820mmを推奨)。

デザイン性・耐久性

大きめの折板形状と多彩なカラーは、建物に豊かでシャープな表情を演出。外装材には、錆に強く耐食性に優れたGL鋼板等を使用し、長期間にわたって美しい外観を維持します。

メンテナンス性

他の外装材のジョイント部分や窓周り等の納まりに多用されているシーリング材は、その寿命と共に漏水等の危険性が高まります。「鋼たろうくん」は、すべてをオープン目地とすることでフリーメンテナンスを実現しています。

環境性

鉄骨造等の外側に単質材料を重ね着した工法のため、解体時の廃棄物の分別や材料のリサイクルが可能で、循環型社会に貢献します。

本体規格

本体仕様

材料 板厚 製品長さ 働き幅/山高さ 質量
塗装溶融55%アルミニウム−
亜鉛合金めっき鋼板
その他についてはご相談ください。
0.6mm 1.5〜10.0m
(10.0m 〜要ご相談)
225mm /50mm 12kg/m2
  • ※鋼板素地を使用すると、光の反射の加減により、外観に微妙な濃淡を生じることがありますので、ご使用を控えてください。

富良野市 北の峰団地
A棟(共同住宅)
設計:(株)アトリエ アク

商品情報